ONEPIECE

【ONE PIECE】ワノ国編後の懸賞金予想 ⑫ルフィ&ゾロ【ワンピース】

2022年1月24日

スポンサーリンク

どうもLCです。

今回はワノ国編後の懸賞金を予想していきます。
第12回目は、ついに来ました。

今大躍進を遂げている麦わらの一味船長"モンキー・D・ルフィ”と、同じく麦わらの一味である戦闘員"ロロノア・ゾロ”です!!

※今回は、思いっきりゾロ贔屓をしています。そういった特定のキャラクターに対して肩入れしているという状況が苦手な方はブラウザバックを推奨します。

 

 

 

【活躍と、この後何をするか】

以下、それぞれ二人に分けて見ていきましょう。
大体のプロフィールについては既に皆さん分かってらっしゃると思うので、ワノ国での活躍と今現在(1037話)以降何をしでかしそうなのかを見ていきましょう。

今回は懸賞金に関係しそうな部分のみを抜粋していきます。

 

 

 

ルフィ:

まず、ルフィは言わずもがな四皇"百獣のカイドウ"を倒すでしょう。
再三に渡って「カイドウはおれが倒す!」と宣言しているので、ここは間違いないかと思っています。

鬼ヶ島に討ち入りに入ってからは、同じ最悪の世代である"スクラッチメン・アプー"と一瞬だけ交戦したり、飛び六胞のうるティと遭遇して頭突き対決をしたりと、中々の強者と戦いつつ1000話で屋上に到着します。

その後カイドウに敗れた赤鞘九人男を下の階へ移すようローに頼み、開戦の合図とも取れる進化した一撃「ゴムゴムの業火拳銃(レッドロック)」をカイドウの顔面にぶち込みます。
より大きくまとった武装色、流桜による一撃を喰らったカイドウは、ルフィの背後に自分とやり合える存在を思い浮かべていました。

次は前回、九里で戦った時に一撃で伸ばされた技「雷鳴八卦」を進化した見聞色の覇気「未来視」で回避。
しかし完全に回避はできず、カイドウの金棒を掠ってしまいます。

それからは同じ四皇"ビッグ・マム"の攻撃をゾロの補助で何とか凌ぎつつ、ユースタス・キッド、トラファルガー・ローといがみ合いながらもギア4でカイドウと応戦しますが、中々決定打が入らない。

そんな時、やる気になり人獣型に変身したカイドウのとてつもない覇気をまとった一撃「降三世・引奈落」を喰らってしまいます。

ここで遂に白目を剥いてダウンしてしまいますが、ゾロとローの決死の助力によって何とか意識を取り戻します。
ルフィは「今までの攻撃はカイドウに効くは効くが、浅かった」と戦闘を分析します。
そしてさっき喰らった引奈落でついに気づきます。

覇王色もまとうことができると。

 

この事をカイドウに尋ねると、「一部の強者だけができる業」だと言い再度ルフィを攻撃しようとします。
しかしルフィはそれを足で防御。
黒く巨大な稲妻が迸っているだけでなく、カイドウの金棒とルフィの足は触れていない。
この状況ははルフィの新たな進化を表すのに充分過ぎました。

ルフィは足に覇王色をまとっている。

次は右の拳に覇王色をまとい、カイドウの腹に一発。
流石に答えたのか、口から血を吹いてしまうカイドウ。
そしてもう一発、カイドウの顎に真下から覇王色をまとったアッパー。

カイドウをようやくダウンさせることに成功します。

その後は負傷したゾロとローを自分はもう大丈夫だということを伝え、カイドウとのタイマン勝負に持ち込みます。
ここからお互いが出した攻撃は触れず、覇王色の衝撃が飛散するという更に段階を踏んだ大規模な戦いになっていきます。

が!!

覇王色をまとってみせたが、その操作はお粗末なものだった。ゴムゴムの・・・何だって???

 

なんとルフィは屋上から吹っ飛ばされてしまいます。
白目も剥いており、再度カイドウに敗北してしまったのです。

しかし、海の中でモモの助とポーラータング号に語り掛けるという謎の力を発揮して何とか一面を取り留めます。

その後は保管されていた肉を平らげ、しのぶの能力で本来の年齢になったモモの助と共に再びカイドウの元へ戻ります。
屋上で親子対決をしているヤマトとカイドウの間に割って入り、第3ラウンド開始。
「カイドウにはおれは必ず勝つ」ともう一度全員に向かって宣言。
それを聞いたカイドウは「おれに勝てる可能性でもあんのか?」とルフィに問う。
この質問に対してルフィは、新たな名言「生きてんだから無限にあんだろ!!」と共にカイドウとぶつかり合う。

覇王色をまとった一撃同士の衝突により、とうとうルフィは天を割るという領域に到達しました。

そして一味のみんなが幹部に勝った頃、ルフィも覇王色をまとう技術に慣れてきたのか新技も繰り出しながらカイドウと互角に戦っています。
しかし、いきなり酒を呑み始めたカイドウに困惑しながらも突撃。

酔っぱらっていると思いきた酒を呑んで更に強くなっているカイドウの猛攻に何とか対応しつつ反撃。
そしてカイドウの大技「軍荼利龍盛群」に対して覇王色をまとったエレファントガトリング、通称「ゴムゴムのロックガトリング(怪鳥銃乱打)」を繰り出し、両者壮絶な打ち合い。

という状態になっています。

ワノ国に入ってからのルフィは一段階上の武装色に加え、覇王色をまとうという限られた強者のみが使える業も会得しました。
ランク付けするともう四皇クラスに入るでしょうし、現在生きているキャラでルフィに100%の確率で勝てるキャラはいなくなってしまったような気がします。

敵対する側で底が知れないのは五老星とイム様くらいでしょうか?
黒ひげとシャンクスもまだ完全に底を見せているわけではありませんが、最強生物と呼ばれているカイドウを倒すとなればそれを超える描写をどう描かれるのか予想ができないので微妙ですね。
しかし黒ひげはこの先もっと強くなる可能性が高いですし、ラスボス候補にも入っていますのでカイドウを超えてもおかしくはありませんね~。

ということで、ルフィはこのままカイドウを倒してワノ国開国に大きく貢献すると考えます。

 

 

 

ゾロ:

次はゾロについてですが、想像以上に活躍していますね。
鬼ヶ島に討ち入ってからは、

  • ギフターズを殲滅
  • 翻弄されたアプーにお返しのような一閃
  • カイドウとビッグ・マム相手に序盤大太刀回り
  • カイドウとビッグ・マムの合体技「覇海」を受け止める
  • 大技「鬼気九刀流・阿修羅・抜剣・亡者戯」でカイドウに新たな傷を残す
  • 3刀に覇王色をまとい始め、カイドウの右腕であるキング(13億9000万)を倒す

と、とんでもない暴れっぷりです。

1010話でカイドウをぶった斬り、ルフィが覇王色をまとい始めた辺りからルフィとゾロは海賊王ロジャーと冥王レイリーに着々と近づき始めたのかな?次の章で覇王色もコントロールし始めるかも??なんて思ってましたが、まさかキングとの戦いでコントロールしてしまうとは・・・!!

そして2年後初の鬼気九刀流で大興奮。
ルフィが引奈落を食らって気絶してしまい、カイドウが更に追撃しようとした時に船長よりも先にこっちを狙えという意図で放った技でした。

鬼気九刀流・阿修羅・抜剣・亡者戯

カイドウが、

まさかお前も、覇王色を・・・!?

 

と言ってしまうほどに。

それからは復活したルフィにカイドウの相手を任せ、ローとともに下へ。
超回復する代わりに後で倍の苦しみが襲ってくる副作用があるという薬をぶち込み、花形登場で復活。キングに開幕一発目の煉獄鬼斬りをかまします。

そこからゾロの第2戦目、"vsキング"が始まりました。

途中まではキングの奇想天外な戦闘スタイルに大苦戦していましたが、魚人でも巨人でもない、知らない種族だと考察。
どんな攻撃も効かず混乱。何とかダメージを与える方法を考えますが、そこで新刀の閻魔が暴走。
隙を突かれて追撃を食らったゾロは三代鬼撤と和道一文字も手放してしまいます。

そこで何とか刀を回収しますが、手に取る瞬間にそれぞれの刀との思い出を夢想します。
思い出している最中にシモツキ村にいたジジーについて考えますが、あのジジーがこの閻魔を打った"霜月コウ三郎"張本人であることに気が付きます。
更にこんな暴れん坊を扱っていた光月おでんの強さに驚愕すると同時に、今自分を試しているという閻魔の意図を読み取りました。

この量の覇気を出し続けたら体が持たない・・・

という考えから、

いや、それでいい・・・!!

と思いを変え、ありったけの覇気を放出します。
すると、後ろにいた雑兵たちが気絶していく・・・

ゾロは閻魔によって遂に覇王色の覇気に目覚めます。
しかも刀3本ともに太く黒い稲妻が迸っている。

威圧だけでなくまとうレベルにまで一気に駆け上ったゾロ。
キングはすぐに理解し、「王にでもなる気か・・・?」
とゾロに問います。
その質問にゾロは、

そうだな…船長と…親友との約束があんだ!!!

 

と答え、改めてキングとの戦いに臨みます。

覇王色をまとったゾロの斬撃はキングの仮面を切り裂き、遂にキングの素顔が明らかになりました。
黒い羽根、褐色の肌、白髪、ルナーリア族の特徴だそう。政府にチクれば1億ベリーだとか。

めっちゃイケメンやないかい。

そこからは戦いも更に激化。
ゾロの三刀流が閻王三刀流に進化。

キングの性質である、背中の火が燃えている時は防御力がめちゃくちゃ高くスピードは速くない。
背中の火が消えた時はめっちゃ速くなるが防御はもろくなる。

そしてお互い船長の右腕として意地の張り合いが続き、キングは最後に大技"御守火龍皇"を繰り出します。
それに対しゾロは更に進化した大技"閻王三刀龍 一百三情 飛龍侍極"を繰り出しました。
ゾロの"一百三情 飛龍侍極"はキングが出した、赤犬を彷彿とさせるマグマの巨大な龍を切り裂き、とうとうキングをぶった斬ることに成功。

余波でルナーリア族のシンボルである黒い羽根さえも斬り落とし、キングに勝利。

 

その後、ルフィとの約束を思い出し、覇王色をぶっ放しながら地獄の王になってやると新たな決意。
ここで疲れが一気に押し寄せてきたのか、地上に降りた後は寝ている様子。

といったゾロですが、エゲつない進化っぷりですw
流石ミホークを超える男。
このまま行くとミホークだけでなくレイリーも超えるでしょうし、世界最強の剣士兼No.2になりそうですね~。

 

 

 

【ワノ国編後の懸賞金】

ルフィ:

現在最悪の世代の中では黒ひげこと"マーシャル・D・ティーチ"が先頭を走っていますが、ルフィがカイドウを、キッドとローがビッグ・マムを倒したらどうなることやら。
黒ひげも「海軍に取られるくれェならおれが貰っちまおう!!」と言って行動を起こしているので、次の幕間で懸賞金が上がっている可能性は高いです。
もしかしたらルフィとティーチが遂に同格になるのかもしれません。
想定懸賞金は以下くらいです。

懸賞金は30億6210万ベリーです!!
40億超えてもええんちゃうか??

なんて自分でも思いましたが、最初から最後までルフィが戦っていたわけではない(赤鞘、最悪の世代、ヤマトらとも戦闘済み)という点と、憧れのシャンクスが40億なので、それよりちょい低いくらいにしました。

ちなみに端数はルフィ(621)です。

 

 

 

ゾロ:

最悪の世代トップを走るルフィの右腕というだけでなく、想像以上に強くなったため思いっきり盛りました。
想定懸賞金は以下くらいです。

懸賞金は22億5000万ベリーです!!

高過ぎやろ

 

20億はないやろ

 

黒ひげ超えてるやん

 

10億は分かるけど20億は・・・

 

おーおー聞こえてきなさるねえ皆の心の声がw

最初に行ったことを覚えていますか?

思いっきりゾロ贔屓をすると。
そしてそれが嫌ならブラウザバックしてくださいと。

気に入らない方は、これ以上気分を害されないようにどうぞお帰りくださいね(*'▽')

さて、なぜここまでゾロを高くしたのかと言いますと、

  • 物語が終盤だから
  • 四皇クラスのミホークを超えるため
  • 最強生物をぶった斬れる力
  • 最強生物の右腕かつ超希少なルナーリア族を倒した

ざっくりこんな感じですね。
10億のカタクリを倒した時のルフィですらあんな盛られ方をしたので、それ以上のキングを倒したとなればそれ相応に盛られるのはおかしくないと個人的に思っています。

低くても15億2000万~17億2000万くらいかなと。

ちなみにミホークの懸賞金予想はこちら。

 

✓要チェック

 

おかしい?やっぱイライラする?

そんな方はサッと解消しちゃいましょう。
ストレスは体に毒ですので、溜め込まないのが一番。

 

✓要チェック

 

 

 

1043話にて緊急事態!覚醒!ジョイボーイ!ニカ!

ルフィ、ついに覚醒!!

CP0の横槍があったとはいえ、負けてしまったルフィ。
個人的にですが、CP0の介入がなくてもあのまま戦ってたら負けてた気がしますけどね。

大猿王銃(キングコングガン)に覇王色を纏わせた、今ルフィの中で最強と思われる技「覇猿王銃(オーバーコングガン)」ですらあまりカイドウに効いていない感じでした。

流桜じゃダメ、覇王色を纏ってもダメ。

となればもう実を覚醒させるしかないよね。

というか特殊だということは承知で言わせてもらうが、ここまでしないとゴムゴムの実って覚醒しないのかと笑ってしまったww
そして覇王色を纏えば倒せると思っていたカイドウが更に上を行ってたという衝撃。

恐らく1043話の最後でルフィがジョイボーイ足り得る器になったと思われますが、ここからはどうなるか全然予想できません。
しかし、五老星に覚醒を知られたらルフィは誰よりも消すべき存在と認定されることはほぼ間違いないかと思っています。

なのでワノ国編後は、強さでは40億~ですが、最優先に消されるべき存在としての危険度で懸賞金は50億以上に跳ね上がると考えます。

ニカっと笑ってジョイボーイ・・・!

ちなみに黒ひげの懸賞金も予想してみたので興味あればどぞ~。

 

✓要チェック

 

 

 

ワンピース(ONE PIECE)を見るならU-NEXT

と、こんな大盛り上がりなワンピースをサクっと見るならどうしたらいいか。

その答えは簡単、U-NEXTです。
U-NEXT株式会社が運営している、国内最大級の配信を誇るVOD(動画見放題)と呼ばれているサービスです。

見放題作品の配信数はなんと約21万本以上!
作品数は他の動画配信サービスと比べても圧倒的に収録されています。

U-NEXTでもワンピースを配信しており、TVシリーズは現在放送中のワノ国編まで見放題です。
劇場版も過去シリーズ全てを視聴することができます。

2019年に放映された最新映画『ONE PIECE スタンピード』も、無料トライアル中に貰えるポイントを利用して視聴することが可能です。

現在U-NEXTでは31日間無料トライアルを行っています。
トライアル期間中に解約すれば、料金は一切かからないのでお試しするのにもってこいです。

  • ※はじめて申し込まれる方は(31日間)無料でお試しが可能です。
  • ※期間内に解約すれは料金は発生しません。

U-NEXT

------------------------------------------------------------------------
本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。
------------------------------------------------------------------------

 

 

今回はこれで終わりです!
閲覧ありがとうございました!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ONEPIECE
-, , , , , ,

© 2022 LC's Blog