【ONEPIECE】懸賞金予想 ⑩ベックマン&ルー&ヤソップ

2020年8月2日

どうもLCです。
今回も未確定キャラの懸賞金予想をしていきたいと思います。
本日は、赤髪海賊団船員、ベン・ベックマン、ラッキー・ルー、ヤソップです!!

   

【プロフィール】

 

ベックマン:

ベン・ベックマンは赤髪海賊団の副船長で、フリントロック式のライフルを得物としてシャンクスを的確にサポートしています。
作中でもトップクラスのIQを持つ人物で、赤髪海賊団の頭脳といっても過言ではなく海軍側からも要警戒されています。
頂上戦争にてマリンフォードに戦争を止めに来た際に、黄猿に銃口を向けて牽制しました。
フーシャ村に居た頃は黒髪でしたが、現在は白髪になっており、顔の傷も増えています。
昔はシャンクスの仲間になりたいルフィに対して、海の怖さをだれよりも知っているシャンクスの意図を汲んでルフィに思いを伝えました。その後フーシャ村を出航する際も「あいつは大きくなるぜ」と、ルフィの素質と可能性を見抜いていました。
また、自身が海賊であるため、自分たちを聖者だとは思っていないようです。

出典:ONEPIECE 尾田栄一郎


 

ルー:

ルーは赤髪海賊団の船員で、緑と白のストライプ柄をした服を着ています。
ものすごい肥満体系でありながらいつも肉を片手に持っていますが、本人曰くダイエットのつもりみたいです。
いつもは陽気で仲間と肩を組んで騒いでいますが、戦いになると一変して敵には容赦なく攻撃を仕掛けていきます。

出典:ONEPIECE 尾田栄一郎


頂上戦争終盤にて、戦争を止めるためにマリンフォードに現れました。

出典:ONEPIECE 尾田栄一郎


 

ヤソップ:

ヤソップは赤髪海賊団の狙撃手で、持ち手の部分がフリントロックピストルの様なナポレオンライフルを得物としておりチェイサー(追跡者)の異名を持っています。
フーシャ村に居たころは2年後のウソップのようなカーリーヘアでしたが、現在は金髪のドレッドヘアーとなり、星柄のマントを羽織っています。
また、ウソップの実の父親でもありウソップの射撃の腕は父ヤソップ譲りのようです。そのウソップのことをルフィには何回も聞かせていたようで、ルフィ自身も「前も聞いた」、「聞き飽きた」と言っていました。
射撃の腕は昔から有名だったようで、シャンクスの一番最初の仲間でもあります。
頂上戦争にて、戦争を止めるためにマリンフォードに現れ、黒ひげ海賊団と一触即発になった際にヴァン・オーガーと撃ち合う寸前まで行きましたが、ティーチの号令によって戦うことはありませんでした。

出典:ONEPIECE 尾田栄一郎


ヤソップもルーと同じように普段は陽気でワイワイはしゃいでいますが、戦いとなると一変して目つきも鋭くなります。
現在は着々と名を挙げているルフィやウソップを見て、再会を楽しみにしているようです。

出典:ONEPIECE 尾田栄一郎


   

【強さ】

まず、赤髪海賊団の幹部は他の四皇幹部よりレベルが高いと考えます。
理由は以下、

  • 四皇懸賞金紹介時、赤髪海賊団の幹部のみ名指しで挙げている。
  • 個々に名を挙げている。
  • 懸賞金の平均が高く、鉄壁と呼ばれている。

では、それぞれ見ていきましょう。  

ベックマン:

結論を言うと"めちゃくちゃ強い"と思います。

ベックマンはシャンクスの相棒・右腕としてNo.2の位置にいますが、他の四皇No.2とは明らかに違う扱いをされています。

それは"四皇の副船長"と呼ばれていることです。そのため、強さでいうと幹部ではなく船長本人に近いと考えています。

実際に銃でけん制しただけで黄猿を止めていますし、黄猿本人も"今動いたら撃たれて致命傷を負う"と判断したのだと思います。その後隙を突くまでずっと動けませんでした。

出典:ONEPIECE 尾田栄一郎



カラーブックにも「極めて高い戦闘力」と記載されていたため、まずめちゃくちゃ強いということは間違いないでしょう。
今後に期待が掛かっているキャラ上位に食い込む人物でしょう。 赤髪海賊団は覇気に磨きをかけた連中との予想が多いので、武装色、見聞色ともに高水準のレベルとなることは間違いないでしょう。
もしかするとカタクリの様に少し先の未来を視ることができ、尚且つエネルの様に超広範囲の気配や声を感じ取れる程の見聞色みたいな今までのキャラの良いとこどりをしているような可能性もあり得ます。

武装色も、ロギアである海軍大将級の能力者にも易々と攻撃を当てられるレベルである可能性が高いですね。

覇王色は分かりませんが、持っていても不思議ではないと思われます。

なんにせよ、今後の期待が高いキャラですね(^^)/
 

ルー:

ルーもほとんどなにも明かされていないキャラですが、ベックマンと同じように覇気に長けた人物なのかなと考えます。特に武装色がすごい気がします。
濃色者である可能性も十分ありますが、その場合は体の脂肪を燃焼させてパワーに変える能力なのかな?と考えています。戦いのときに脂肪を使うため常時脂肪を蓄えておく必要があり、そのためのいつも肉を食べて体内に脂肪を蓄積させているのではないかという感じです。
もしくは確率的にはほぼ皆無だと思いますが、持っている肉を武装硬化してぶん殴ってくるといった戦法を取らないとは言い切れません。
まだしばらく出番はなさそうですが、出てきて実際に戦うとなれば尾田先生のことですので予想を斜め上に裏切る戦いを見せてほしいですね。
 

ヤソップ:

ヤソップは、狙撃手ということで銃を主体にした戦い方になると思いますが、大体の敵は一発で仕留められるのだろうと思います。
また、異名でチェイサー(追跡者)という名がついていますが、これはヤソップ自身の見聞色でその場の風向きや次にどのような状況が起こるかを視て、撃った銃弾が敵に当たるように仕向けることができるほどの腕を持っているからだと考えています。
もしくは、銃弾の弾道を曲げることのできる実(マゲマゲの実?)を持っている可能性も否定できません。
どちらにしろ、ルーが武装色に長けているのに対してヤソップは見聞色に長けているといった考えもできると思います。
ウソップがドレスローザで見聞色の覚醒をしましたが、一番最初の覚醒であそこまで遠距離の気配を感じ取れるレベルだったため、ヤソップはそれの進化版といっても過言ではないかと思います。

出典:ONEPIECE 尾田栄一郎


カタクリの未来視とはまた別ベクトルの、狙撃に特化した見聞色なのかなと思います。
勿論武装色も使えると思うので、ロギアに対しての攻撃もお手の物だと思います。
個人的に早く戦闘が見たいキャラの一人でもあります。
   

【懸賞金】

上にも書きましたが、赤髪海賊団の懸賞金は平均が高いとのことですので、高額で付けております。
ただし、ベックマンは今回予想した金額くらいはあってもおかしくないと思いますので、今後実際に懸賞金が明らかになるのが楽しみです。  

ベックマン:

ベックマンの予想懸賞金は以下になります。



懸賞金は20億ベリーです!! 副船長ということで、これくらいはあってもおかしくないのかなあと思います。
近い金額にマーシャル・D・ティーチがいますが、彼よりも海賊としてのキャリアや死線を潜って名を上げた回数は多いと思うので、もしかしたらティーチを超える可能性もあるかもしれません。
むしろ四皇になって一発で22億までブチ上げたティーチがおかしいんですがねw
 

ルー:

ルーの予想懸賞金は以下になります。



懸賞金は14億4600万ベリーです!!
副船長のベックマンは幹部ではなく海軍大将と同等かそれ以上、四皇本人に近いレベルとして、その次に強いであろうルーとヤソップが四皇No.2と同等かそれ以上の強さであると考えています。
 

ヤソップ:

ヤソップの予想懸賞金は以下になります。



懸賞金は16億2000万ベリーです!!
あまりの狙撃の正確さと腕っぷしに政府もびっくり!などと妄想していますw
ヤソップもルーと同じく副船長のベックマンに次ぐ強さだと思っているので、他の四皇No.2と同等かそれ以上であると踏んでいます。


他の船員も皆が皆、七武海レベル辺りがゴロゴロいることで、懸賞金の平均が上がっているのではないかと考えています。
ビッグマム海賊団や百獣海賊団は、やたら強いという幹部が少ないため、その幹部たちをまとめて"将星"だったり"災害"と呼んでいますが、赤髪海賊団の幹部は全員その強さ、もしくは近いレベルであるため、幹部たちを固有名詞で呼んだりはしていないのではないかと考えます。
正直、頂上戦争の時のティーチが下した判断は正しかったと思います。あのままシャンクスたちと戦っていたら逆にボコボコにされていた可能性が高かったと思うのでw
ということで今回はここまでです!
見てくださりありがとうございました!!