【ONEPIECE】覇気について

2020年3月11日

どうもLCです。
今回は、最近特に話題になっている「覇気」について話していこうと思います。

   

【覇気とは】

覇気とは、全人物に存在して纏っている、または、体内を巡っている"気"の様な物でしょうか。

それを特定の形で放出、使用することで、武装色、見聞色、覇王色という名のある概念と変化するものと思われます。

そして、使うと消耗するという点から、個人的にはドラクエで言うMPの様な物と解釈しています。

国によって、覇気ではなく他の呼ばれ方をしているところもありますね。

「覇気」という言葉が初登場したのは25巻で、ティーチがルフィの懸賞金とルフィ自身の覇気が釣り合ってないと感じていた際に発していました。

覇気は全人物が持っていると言いましたが、鍛錬をしないと力として扱うことはできず、覇気という存在を知らないまま一生を終える人間も少なくないと言います。

覇気を鍛える一番手っ取り早い方法としては、"格上の敵と極限状態の闘いをする"ことです。

その中でもレベルアップさせたい分野の覇気を意識して戦うと尚良しとのことです。

実際にルフィの見聞色は、数段格上の相手である未来が視えるカタクリとの約11時間の闘いで、カタクリと遜色無いレベルにまで一気にレベルアップしました。

鍛錬の他にも、何らかのショックで覚醒した、生まれつき特定の覇気の力が強かった等の事例もあります。(アイサ、オトヒメ、コビー)

この力は、海軍では戦いに於ける重要なファクターとされており、中将になるためには武装色と見聞色を使うことが出来るという条件が必要不可欠となっています。

また、新世界に居る海賊はほとんどが覇気を使うことができるため、新世界からは覇気を使えないとかなり大変になるという点もある。

闘いでは、相手が武装色の覇気を使えても、自分の腕力のみでそれを破ったり、相手が見聞色の覇気を使えても、自分が相手の察知できるスピードを越えた速度で動き、ダメージを与えたりすることは出来、最終的には本人の膂力次第で覇気使い相手にも勝てるという例があります。

次から、それぞれの覇気の色についてお話していきます。

   

【見聞色】

生物の発する気配、心の声や感情を読み取る力。これを習得すると、視界に入らない敵の位置、数、次の瞬間に敵が何をしようとしているかを読み取ることが出来るようになります。

空島では、これをマントラ(心網)と呼んでいます。

個別名称があるためか、空島に住む戦士は大多数が見聞色を使うことが出来ます。

現在判明しているタイプとしては、

  1. 対象がどこにいるかの気配を感じることが出来る
  2. 次の瞬間、対象が何をしようとしているかを読み取ることが出来る
  3. 対象の感情や心の声を聴くことが出来る

の3タイプに大きく分かれていますね。

1のタイプを使用できる人物はルフィ、ゾロ、サンジ、ウソップ、ロー、エネル(ゴロゴロの力で範囲と精度増幅)、レイリー等

出典:ONEPIECE 尾田栄一郎

 

2のタイプを使用できる人物はルフィ、サンダーソニア、カタクリ(鍛えすぎて未来が視える)、レイリー等

出典:ONEPIECE 尾田栄一郎

 

3のタイプを使用できる人物はルフィ、サンジ(女の涙の落ちる音を聞き取れたため。もしかしたら只の物凄い地獄耳なだけかもしれないw)、エネル、藤虎、コビー、アイサ、オトヒメ、ロジャー、モモの助(最後二人は海王類の声、象主の声を聞けた)等ですね。

出典:ONEPIECE 尾田栄一郎

 

世間で言われている見聞色とは1と2を合わせたような力のため、3はレアケースと思われているようですね。ショックで覚醒したコビーや、先天的に使えるアイサやオトヒメは共通して3です。

ルフィはレイリーの言っていた通り、3が濃いけど2年の修行で1と2もバランスよく使えるようですが、最近はカタクリ戦を経て2のレベルがとんでもないことになってますね( ゚Д゚)

2年前の頂上戦争でミホークとの接触で一瞬未来が視えていたことが伏線になっていたのかもしれません。

そしてモモやロジャーと同じように上述の通り、海王類やゾウの声を聞くことが出来ました。

2を極限まで高めると未来が視えるように、3の最高点が「万物の声を聞ける」というレベルなのでしょうか?

藤虎もドレスローザの国民の声を詳細に聞き取っていたので、人種、種族関係なく、心の声を聞くことが出来る=万物の声を聞くことが出来るということになるかと思います。

個人的な解釈としては、自身に宿っている覇気を「感覚神経に作用」させることにより、見聞色の覇気となるのではないかと考えています。

  • 視覚に多く覇気を作用させると、先読み、鍛えると未来が視える。
  • 聴覚に多く覇気を作用させると、心の声が聞こえる。
  • 触覚に多く覇気を作用させると、気配を察知する感覚が敏感になる。


あり得ないと思いますが、カタクリの加々美モチから脱出したルフィが、「あそこから強ェ奴の声を感じる」の次のセリフで「ドーナツ食ってんな?」と言っていましたが、これは嗅覚に覇気を作用させた結果ではないかと一瞬思ったりもしました。(無い無いw)

以上が現在判明している見聞色の覇気ですが、まだ判明していない見聞色の力もあるかもしれません。

個人的にシャンクス、ミホーク、ベックマン辺りが凄い見聞色を持っていそうな気がします。

ルフィも見聞色も、未来視だけでなく気配感知能力も格段に上がっていますね。

 

出典:ONEPIECE 尾田栄一郎

フランペの矢を、しかも目を瞑りながらあんな小さい針を避けられるレベルまで成長したのは凄いことです。

ワノ国に入った時にカイドウの部下を一蹴した時も、「以前と違うな」と明確に分かるほどでした。

出典:ONEPIECE 尾田栄一郎

 

いつもなら、銃弾を避ける→振り向く→攻撃

の所を、やられる前にやるという先の先を取っています。

ここまで行くと最後はロジャーの様に万物の声を聞けるようになる可能性が高いです。

ウソップもドレスローザ編で目覚めましたが、今編のワノ国編で更にレベルアップしそうですし、サンジもまだまだ進化すると思うので、今後の展開がどうなるか楽しみですね(#^^#)

   

【武装色】

ワノ国では"流桜"と呼ばれている武装色の覇気は海楼石以外で、ロギアに触ることのできる唯一の手段ともいわれています。

上記で、覇気を感覚神経に作用させると見聞色になるという話をしましたが、武装色は自身の覇気を肉体に作用させるのではないかと考えています。

武装色の説明でレイリーが一番最初に言っていた、「見えない鎧を着るイメージ」ということから、皮膚の上に纏わせるものと思われます。

それを皮膚に一定量染み込ませると黒くなり、硬化する。

硬化すると、戦闘での攻撃と防御が上昇し、有利に闘うことが出来る。

無論、個人間で強さの上下はあるようで、パンクハザードでスモーカーとヴェルゴが闘った際、強力な武装色の使い手であるヴェルゴにスモーカーは打ち負けていました。

ホールケーキアイランドでは、ルフィもカタクリの武装色に打ち負けており痛がっていました。「硬すぎる武装防御」と言っていましたし、一度の硬化に込められる覇気の量がカタクリの方がルフィより多いということでしょうかね。込める覇気の量で武装の強弱が決まるといった感じでしょうか。

また、ルフィのギア4形態、ビッグマムが武装硬化した際、カタクリが斬切餅を使う際、この3シーンは只の武装色硬化ではなく、硬化した部分に紋様の様な物が浮かんでいます。

 

ルフィ(バウンドマン) vs リンリン

出典:ONEPIECE 尾田栄一郎

 

ルフィ(タンクマン)

出典:ONEPIECE 尾田栄一郎

 

ルフィ(スネイクマン)

出典:ONEPIECE 尾田栄一郎

 

カタクリ(斬切餅)

出典:ONEPIECE 尾田栄一郎

 

以上4つのコマですが、どれも紋様の様な物が浮かび上がっています。

これは武装色硬化の1つ上の段階な気がしますね。

一部分にいつも以上の覇気を込めると成る状態だと思います。

また、ルフィとカタクリがこの状態になるときは、必ず"その部分の面積が増える"という事が共通しています。

ルフィはギア4を使い、体全体を大きくしてこの状態に。

カタクリは餅の量を増やし、面積を増加させることによってこの状態に。

ビッグマムは規格外かつ、元から大きいので素の状態でこれが出来るといった感じでしょうか。

しかし、闘う時にこの状態を使い続けると、ドレスローザの時のルフィ宜しく覇気切れを起こしかねないので、最後に一気に追い込むときに使うのが良いかもしれません。

そして、この力は武器にも纏わせることが出来ます。

九蛇の戦士は弓に纏わせており、ゾロ、ヴェルゴ、スモーカーは自身の得物に武装色を纏わせ、硬化させていました。

937話では、黒刀について少し掘り下げて書かれました。

刀神リューマが使っていた秋水は、リューマの歴戦の果てに黒刀と成ったとの事です。

ミホークも「全ての刀剣は黒刀に成り得る」と言っていましたが、現在で黒刀に成る条件としては、

  • 戦闘時は常時硬化させておく
  • 硬化した刀で、格上の武装色を纏った刀を破る


の2つでしょうか。

覇気は極限状態で更に開花するため、もしかしたら上の両方共が条件になっているかもしれませんね。

個人的に、ワノ国編ではゾロは和道一文字を黒刀にしそうな気がします。

黒刀にする手段はまだ想像つきませんが、カイドウを斬るか、武装色が強そうなキングを倒すか、どちらかかなと思っています。

また、武装色の覇気には硬化だけでなく、"弾く"武装色も存在します。

今までこの力を出したキャラは、ボア・マリーゴールド、戦桃丸、クザン、ボルサリーノ、サカズキ、レイリー、そしてヒョウ爺の7人となっております。

“不必要な場所の覇気を拳に流す感じ"という言い方をしていましたが、ルフィは中々うまくできていませんでした。

恐らく、皮膚に覇気を染み込ませるだけの硬化よりもコントロールが難しい技術なのだと思います。

そして威力も散らばっている覇気を一点に集めて放出するような描写だったので、硬化して殴るよりも強いのだと思います。

武装色を身に着ける順番として、

  1. ある程度攻撃に覇気を使えるようになると、ロギアに触れるようになる。
  2. 覇気を皮膚に染み込ませて一部分を硬化させ、攻撃力、防御力を上げる。
  3. 全身の覇気を一点に集めて放つ攻撃が出来る。


の3段階だと考えます。

勿論3.が一番強いといったことはなく、使い手によって左右されます。

また、クラッカーが剣から波動の様な物を出して攻撃していましたが、あれも弾く覇気の延長だと考えます。 遠距離攻撃もできるようになるとなかなか便利になりますよね。

ルフィも間もなくを"弾く覇気"を身に着けると思われますが、完全に使えるまで少し鍛錬が必要な気もするのでクイーンとの闘いでそれを克服してほしいです。

   

【覇王色】

続いて覇王色の覇気ですが、おれは全員が持っているわけではなく、100万人に1人、人の上に立てる王の資質を持つ者が持っている覇気です。

現在判明している効果として、自分と力の差がある闘うまでもない者を威圧させて気絶させる能力を持っています。

現在判明している使用者として、ルフィ、エース、ドフラミンゴ、キッド、おでん、カタクリ、ハンコック、チンジャオ、白ひげ、シャンクス、ビッグマム、レイリー、センゴクの13名となっておりますが、ロジャーも持っているでしょう。

この覇気は本人の修行では成長させることが出来ず、精神的な成長に比例して強くなっていきます。

また、覇王色の覇気は攻撃の衝突時にも発生することがあり、ルフィとチンジャオは衝撃波が発生し観客が気絶、ドフラミンゴとルフィは衝撃と地鳴り、ルフィとカタクリでは衝撃波で周囲が気絶、周りのオブジェクトが破壊されるなど、物理的に影響を及ぼすこともできます。

 

ルフィ vs チンジャオ

出典:ONEPIECE 尾田栄一郎

 

ルフィ vs ドフラミンゴ

出典:ONEPIECE 尾田栄一郎

 

ルフィ vs カタクリ

出典:ONEPIECE 尾田栄一郎

 

シャンクス vs 白ひげ

出典:ONEPIECE 尾田栄一郎

 

白ひげとシャンクスが剣を交えた時は天が割れるというとんでもないことになっていましたから、ルフィもいずれそのレベルに達するのでしょう。

ビッグマムも覇王色でロケットランチャーを破壊していましたし、普通に攻撃手段としても使えるかもしれません。

これを考えると若い頃の白ひげ、レイリーはどんだけ強かったんだという話ですね(笑)

しかし、武装と見聞よりもレアであるこの覇気の硬化が「気絶させる」だけでは物足りないにもほどがありますよね。

他にも効果があるとすれば、某戦闘民族の様に戦闘力を底上げさせたりでしょうか?

武装色の更に上に纏ってパワーアップ?くらいしか思いつかないのでぜひ皆さんの予想を聞いてみたいですね(^^)

今回はここまでです!

閲覧ありがとうございました!!