【ONE PIECE】ワノ国編でゾロが闘う敵

2020年5月27日

LCです。

リアルが忙しく、あまり時間が取れませんでした。

さて今回は突然ですが、ワノ国編でのゾロが誰と闘うかを予想したいと思います。

zoro samurai

出典:ONEPIECE 尾田栄一郎



ゾロはゾウでルフィ達と別れる際に"侍をまとめ上げる"と言っていました。

現在はもうルフィ達と再会し、侍をまとめ上げるところまでは出来ておりませんが、一味が集合した際に一斉に動くのではないでしょうか。

そこでゾロは剣士同士、侍、更にはその侍をまとめているであろう将軍"黒炭オロチ"と闘うのではないかと思われます。

黒炭オロチ、現在は名前のみ既出ですが、名前からしてゾオン系、ヤマタノオロチの実を食べているのではないかと思われます。

orochi.PNG

出典:ONEPIECE 尾田栄一郎



ヤマタノオロチはざっくり言うと竜や蛇の類に入ります。更に昔話では竜は水に関係している神、水害の源などと呼ばれていました。

現にワノ国の天候について錦えもんが以下のような様なことを言っています。

tenko

出典:ONEPIECE 尾田栄一郎



と、いつも天候、海面の波の状態も悪いようです。

でもこれ、本当に自然の影響による天候なんですかね?

ひょっとしたらこの異常気象、黒炭オロチのヤマタノオロチによる能力かもしれません。

黒炭オロチ自身も、おでんが処刑されたことを聞くセリフでカイドウと並んで名前を言われていました。しかし、二つ目の画像では将軍の名前が紹介された後錦えもんは、"それに従う役人達はもれなくカイドウの息がかかっておる!!"と言っています。何故将軍ではなくカイドウなのでしょうか?

考えられることは力関係です。カイドウがワノ国に来た際、オロチはおでん側(光月家の)だった。だがカイドウと闘ったが負けてしまい、抗えば処刑するなどと言われてカイドウと手を組んだ、しかしおでんは屈さず抗い続けた。(世界の秘密を問いただされたが頑なに言わない)

よって最終的に(家臣を守って)処刑されてしまった。そして今は将軍とカイドウが独占している状態。

なんて仮説を立ててみましたがもっと深いのでしょう。ここらは原作で明かされる日を楽しみにしましょう('ω’)ノ

以上のことからオロチは将軍の地位と呼べるまでの強さを持っているが四皇本人には敵わないくらいの強さだと思います。四皇の海賊団のNo.2辺りと同等、もしくは少し上くらいかもしれません。四皇本人達を除けばトップクラスに強いレベル。

ミホークに鍛えられたとはいえ流石のゾロでも手こずるでしょう。ここでゾロが何らかの進化を遂げて更に強くなればいいなと思っています。

未来の海賊王の右腕?No.2と呼ばれるやもしれん男なのでやはり最終的には四皇クラスにはなってくれないと困りますよね(^_-)-☆

ということで、ワノ国編でのゾロの相手は将軍"黒炭オロチ"と予想します。

閲覧ありがとうございました!!