【ONEPIECE】ワノ国編後の懸賞金 ⑪キッド&ロー

どうもLCです。

今回はワノ国編後の懸賞金を予想していきます。
第11回目は、キッド海賊団船長”ユースタス・キャプテン・キッド”と、ハートの海賊団船長”トラファルガー・D・ワーテル・ロー”です!!


   

【プロフィール】

以下、それぞれ二人に分けて見ていきましょう。

キッド:

キッドは最悪の世代の内の一人であり、赤髪でパンクな格好をしており、ルフィと同じく海賊王になる事を目標にしており、非常に好戦的で残虐な人物です。23歳で、覇王色の覇気の持ち主です。
超人系の能力者で、磁力を操る能力を宿しているようです。鉄や金属でできた物質や、剣や銃を集めて巨大な腕を作って攻撃するスタイルが現在判明しています。

出典:ONEPIECE 尾田栄一郎


2年前、シャボンディ諸島に集結した時は、同じ最悪の世代の一人であるスクラッチメン・アプーと一触即発の状態で登場しました。その時は唯一ルフィを上回る懸賞金(3億1500万)を誇っています。

ルフィが「ワンピースを見つけるのはおれだ」という発言に対して、"そういった発言を笑ってきた連中を残らず叩き潰してきた"と言っていたことから、夢を笑う連中は無視するルフィとは真逆で、バカにしてくる連中は許せないタイプであると言えます。

同時に同世代であるルフィやローのことはライバル視しつつも認めており、ルフィに対して「お前を一目見れてよかった」と言ったり、ルフィとローには「新世界で会おうぜ」などと言っているため航海上は敵になるけどまた会うことを望んでいる様です。

出典:ONEPIECE 尾田栄一郎


その後、マリンフォード頂上戦争を見届けた後、白ひげの死によって時代がうねり始める事や、代わりに生まれた黒ひげの存在を「相当なタマ」と認めていました。
新世界に入る前は、前半の海(楽園)へと引き返してきた海賊を叩きのめして新世界入りしました。

新世界に入った後は、2年の間に赤髪海賊団に挑んで左腕を失い、ビッグマム海賊団には傘下の船を2隻沈めて幹部である将星を一人手負いにして奪うべきものを奪ったとのこと。

出典:ONEPIECE 尾田栄一郎


無くなった左腕は能力で義手を作っています。(この時、懸賞金は4億7000万に上がっている。)

その後は相棒のキラーと共に、打倒"四皇 赤髪のシャンクス"を目標に同じ最悪の世代であるバジル・ホーキンス、スクラッチメン・アプーと海賊同盟を結成しますが、突如真上の空島から飛び降り自殺をしたカイドウと出くわしてしまい、キラーと反撃するも返り討ちにされてしまいます。この時ホーキンスは勝ち目がないとしてカイドウの元に寝返り、アプーは元からカイドウの情報屋である事が判明し結果的には裏切られるという形になってしまい、鬼ヶ島の牢獄に幽閉されてしまいます。

その後、ワノ国"兎丼 囚人採掘場"へと移され、同じくカイドウに挑んで返り討ちにされて投獄されたルフィと再会を果たします。
兎丼ではスマイルを食べさせられたキラーを見て激昂しますが、百十海賊団大看板"疫災のクイーン"によって海楼石の鎖につながれた状態でキラーと共に水責めに遭います。が、突如現れたおリン(四皇 ビッグマム)によって難を逃れます。その際の混乱で雷ぞうに鍵を渡され、手錠を外した後は「同盟はもうウンザリだ」と言い残してキラーと仲間を取り戻しに行きます。

その後はカイドウの首をルフィに取られたく無かったようで、ルフィ、ローと共に鬼ヶ島へ突入。裏切り者のアプーを発見すると即座に攻撃を仕掛た後はルフィ、ゾロ、キラーとカイドウの元へ向かっています。

出典:ONEPIECE 尾田栄一郎

 

ロー:

ローは最悪の世代の一人であり、元王下七武海、元ドンキホーテファミリーの幹部で、死の外科医という異名を持っています。あとミドルネームにDがついているため、Dの一族でもあります。
「鬼哭」と呼ばれる妖刀を持っており、超人系であるオペオペの実の能力者で一定範囲にサークルを発生させ、その内部を手術室の様に支配できる改造自在人間です。

出典:ONEPIECE 尾田栄一郎


また基礎戦闘力も高く、武装色の覇気と見聞色の覇気を使うことができます。
2年前、シャボンディ諸島に集結した時は2億ベリーという懸賞金を引っ提げて登場しルフィ、キッドらと共にオークション会場に居合わせ、ルフィが天竜人を殴り飛ばしたのを見た後は大将と出くわす前に海軍の包囲網を突破してシャボンディ諸島を脱出します。
その後、「悪縁も縁、こんなところで死なれたらつまらねェ」という理由でマリンフォードに突如出現し、瀕死の状態になっていたルフィとジンベエを救出し、手術します。
その後はルフィたちの身柄を女ヶ島に届けた後、「取るべきイスは必ず奪う」と言い、他の同世代よりも遅めに新世界入りしました。

2年の間に、ロッキーポート事件と呼ばれる事件の首謀者となっており、懸賞金は4億4000万に跳ね上がりました。
その後、海賊の心臓100個を海軍本部に届けて王下七武海に入り、パンクハザードにてルフィと合流しました。その際、敬愛していたコラソンの仇である王下七武海のドンキホーテ・ドフラミンゴを倒すために打倒"四皇 百獣のカイドウ"という名目を掲げて麦わらの一味と海賊同盟を結び、ドレスローザにてドフラミンゴを倒すことに成功します。(この時、懸賞金が5億に上がる。)

ドフラミンゴを倒した後は、ルフィと共に本格的にカイドウを倒すためにゾウにて「忍者海賊ミンク侍同盟」を結成し、ルフィたちと別れてワノ国に先に潜入しました。
ワノ国では、自信を追いかけけて来ていたホーキンスに囚われますが、逆にホーキンスをバラバラに切断し、何者かの手引きによって牢屋を脱出してルフィ、キッドたちと共に鬼ヶ島に突入。ルフィとキッドがおとりになっている間に侍たちと一緒に鬼ヶ島の真下に潜り、一気に最深部へと進んでいます。

   

【活躍予想】

キッド:

キッドは現在ルフィたちと一緒に鬼ヶ島で打倒カイドウのため奔走していますが、まずカイドウを倒すことに尽力するというのは確定といってもいいでしょう。カイドウを最後に倒すのはルフィ、ゾロ、キッド、ローの4人かと思われます。
現在、赤鞘の侍たちとカイドウが退治していますが、その間にキッドは大看板クイーンを倒すのではないかという推測をしていましたが、ゾロが「カイドウと闘うまでに体力を温存させておきたい」と言っていたので、幹部とは戦わずにそのままカイドウの元までたどり着くかもしれません。


とはいっても、現在アプーに仕返しをしたはいいが倒してはいないので、裏切りの制裁としてアプーを完全に倒してほしいという気持ちもあります。
それか弱点を知っているキラーに倒してもらい、キッドはそのまま先に進むというパターンでも全然ありだと思うので、とりあえずアプーとの決着はつけてもらいたいところですね。

また、キッドはルフィと同じように覇王色の持ち主で、尚且つ能力の覚醒を残している可能性が高いので、今回の決戦で覚醒を果たしてレベルアップしてほしいです。
覇気についても覇王色だけでなく武装色と見聞色も使えそうな気がするので、ルフィやゾロに負けないレベルの強さを見せつけてほしいです。 覚醒については、周囲の建物にも磁力が発生するのかな?とりあえず磁力の範囲が拡大するのだと思います。最終的に磁力の及ぶ範囲が島全体にまで広がるようになればダグラス・バレットの様に全身にまとって巨大化したり、空中で金属同士を融合させて複数の塊を作ってからリペルを使うことで大砲の連射を彷彿とさせるような攻撃をしたり、やりようによっていくらでも攻撃手段は考えられるので尾田先生に期待です(^^♪
 

ロー:

ローはドフラミンゴを倒すことにすべてを注いでいた感じがするので、鬼ヶ島の決戦では活躍するにはするでしょうがカイドウを倒す際はルフィ、ゾロ、キッドほど最前線で活躍はしないのではないかと思います。
理由としては実際に闘うとなればルームからのぶった斬り攻撃はカイドウには効かないと思われるため、それ以上の攻撃手段が現在ありません。決戦時に尾田先生が新しい技を出してくれば話は変わりますが、ルフィやゾロの様に修行していたわけでもなし、キッドのようにこれから色々な戦い方や自身の深堀りが出てくるわけでもなし、ローは良くも悪くもドレスローザで出し尽くしてしまった感があります。
といってもルフィ、キッドに並んで三船長の一人なので何かしらやってくれるとは思います。
まずオペオペの能力で大体のことは出来てしまうので、スタンピードの時のようにカイドウの弱点や隙を明確に突き、それをルフィたちに伝えるという役目を務めるのではないかと考えます。それからルフィたちが集中攻撃をする際に、その攻撃をしやすくさせるためにカイドウを怯ませたりよろけさせたりと、後衛的な立ち回りをすると思います。
それから戦いではありませんが、ローはルフィに不老手術をして人生を終わらせるという説がありますが、これは個人的にあり得るかなと思います。

出典:ONEPIECE 尾田栄一郎


ローとルフィに思っているであろうことは大きく2つ。

  • 自分と同じDの一族である
  • 自分の本懐を遂げてくれた者

実際に原作を読んでみるとわかりますが、ローが女だったらハンコックばりにルフィに惚れていると思います。
実際にドフラミンゴにルフィを信じる理由を聞かれたときに「Dはまた必ず嵐を呼ぶ」と答えていたので、ルフィだったらやってくれるだろうという強固な信頼を感じます。

出典:ONEPIECE 尾田栄一郎


個人的には不老手術をして命を落とす展開は見たくないので、ルフィたちと敵対関係になったとしても最後まで生きていてほしいですね。

脱線してしまいましたが、まとめると"カイドウは倒すがルフィ、ゾロ、キッドほど前衛で闘いはしない"という考えです。

   

【ワノ国編後の懸賞金】

キッド:

本格的に最悪の世代の中でもルフィと並んで本当に筆頭格とみなされるでしょう。
“四皇を倒した最悪の世代の一人”として大きく名を挙げると思います。
想定懸賞金は以下くらいです。


懸賞金は15億7000万ベリーです!!
四皇を倒すので、そろそろこれくらいはなってもいいかなと思います。  

ロー:

ローも最前線で大暴れするとまではいかなくても、キッドと同じく”四皇を倒した最悪の世代の一人”になると思うので、四皇幹部の平均以上の額になると思います。
戦闘力や危険度よりもオペオペの能力が重要視されて額が跳ね上がる気がします。
想定懸賞金は以下くらいです。


懸賞金は14億7500万ベリーです!!
キッドとほぼ遜色ないくらいに上がると思われます。

キッドとローはルフィに続いて最悪の世代のヤバさを助長させる様な存在になりそうな気がするので、他の出番がなさそうな最悪の世代(ホーキンスやアプーなど)とは頭二つ分くらい抜けると思います。

まだ四皇格とは言えませんが、それに続く存在になることは間違いないと思います。

今回はこれで終わりです! 閲覧ありがとうございました!!