【ONEPIECE】懸賞金予想 ⑤ドンキホーテ・ドフラミンゴ

2020年3月11日

どうもLCです。

今回も、まだ発表されていないキャラクターの懸賞金を予想したいと思います。

5回目は、元王下七武海、ドンキホーテ海賊団船長ドンキホーテ・ドフラミンゴです!

   

【プロフィール】

元ドンキホーテ海賊団(ファミリー)の船長兼ドレスローザ元国王で、元天竜人という経歴を持っています。政府からは「天夜叉」の異名で呼ばれています。

現時点で判明している懸賞金は、七武海加入時の3億4000万ベリーとなっています。聖地マリージョア出身で誕生日は10月23日、現在は41歳です。

身長305cmでてんびん座、血液型はX型です。好きな食べ物はロブスターで嫌いな食べ物はバーベキューです(嫌な思い出があるから)。

金髪にサングラス、フラミンゴのようなピンク色の羽毛のコートという派手な出で立ちをしており、常に不敵な笑みを浮かべています。

「力が全て」「勝者だけが正義」という考えを持ち、本物の海賊しか生き残れない「新時代」を提唱しています。裏社会では新世界で最も強い影響力を持つ「ジョーカー」と呼ばれる闇の仲買人(ブローカー)としても知られています。

また、元天竜人であることから聖地マリージョアの内部にある重大な国宝の存在を知っているため他の天竜人からも恐れられており、世界政府の機関であるCP-0を独断で動かすなど、その権力は王下七武海の立場以上のものとなっています。

「七武海で最も危険な男」「悪のカリスマ」と称される狡猾な性格で、過去の出生や経緯から他人に見下されることを最も嫌い、自分のシンボルを汚した者や裏切り者には一切容赦しない残忍さも持ち合わせています。一方で、幹部以上のメンバーを「家族」と称し、かけがえの無い存在として大切にし、任務の失敗も咎めない部分もあります。そのため、部下からは死をも厭わない絶対の忠誠心を抱かれています。部下からは「若」もしくは「若様」、中でも最高幹部からは「ドフィ」、ルフィからは「ミンゴ」と呼ばれており、笑い声は「フフフフフ」。

超人系悪魔の実「イトイトの実」の能力者で体から糸を出し、相手を拘束・操作したり物質を切断したりすることができる「糸人間」です。
また、雲に糸をかけることで空中を移動する、糸をより合わせて自身に近い性能を持つ分身を作る、糸で内臓の修復作業を行うなど、様々な応用技も可能なだけでなく、さらに「覚醒」の段階まで踏み込んでおり、周囲の物質を糸に変えることもできる高度なレベルにまで達しています。

「覇王色の覇気」「武装色の覇気」の使い手で、身体能力も非常に高いものをもっています。

天竜人「ドンキホーテ一族」の末裔で、幼い頃は他の天竜人と同様の喋り方をしていましたが33年前、父であるホーミング聖の意向で天竜人の地位を捨て、家族と共に地上へ移住しました。しかし移住先の住民に天竜人であることがばれ、天竜人を恨む住民達から地獄のような拷問・迫害を受け家族共々追われる身となり、逃亡生活の最中母が病死してしまいます。またこの頃にはすでに覇王色の覇気を覚醒させていました。

地上へ移住してから2年後、ヴェルゴの紹介で王の資質を見出したトレーボルから復讐する「力」としてイトイトの実と拳銃を与えられ、母を亡くしたことに怒り父を殺害し、その首をマリージョアに持ち帰るも帰還を拒否されます。以来、天竜人が牛耳る世界の全てを破壊することを誓うようになります。

マリージョアで殺されかけて帰還した際、トレーボルら後の最高幹部4人によって王として掲げられ行動を共にするようになりました。

17年前、消息を絶っていた弟・ロシナンテをファミリーに加え、2代目「コラソン」の地位を与えました。

16年前、自分と似た考えを持っていたローをファミリーに迎え入れ、自分の右腕にするべく鍛え上げ、13年前には、海軍に潜入させたヴェルゴからの報告でコラソンが海軍のスパイであったことを知り、自らの手で弟を射殺します。しかし、この一件でローがファミリーから離反することになります。

10年前、天竜人の貢ぎ金「天上金」の輸送船を襲い、政府を脅し七武海に加盟しました。同時期に、ドレスローザのリク王に脅迫と同時に能力による悪謀を仕掛けて国民からの信頼を失墜させ、リク王に代わりドレスローザの王位に就きます。

即位後、富を与えることでドレスローザ国民の支持を獲得し、裏ではトンタッタ族とシュガーの能力でオモチャにした者たちを奴隷として地下で働かせ長年ドレスローザを支配していました。

原作ではクロコダイルの称号剥奪後の会議で初登場しました。クロコダイルがスモーカーに敗北した記事に疑念を抱き、懸賞金が一気にはね上がったことからクロコダイルを倒したのはルフィであることを見抜いています。

会議に参加後ジャヤに現れ、サーキースを操りルフィに敗れたベラミーに制裁を加えます。シャボンディ諸島編ではディスコを見捨て、「時代はスマイル」という言葉を残し「人間屋」経営から手を引きました。

マリンフォード頂上戦争では、リトルオーズJr.の足を切断し13番隊隊長アトモスを操り同士討ちさせます。また、クロコダイルとジョズの戦闘に割って入りクロコダイルに同盟を持ちかけますが拒否されました。

終戦後、政府上層部から命令を受け数体のパシフィスタを引き連れてモリアを襲撃しますが、モリアが突如姿を消したために止めを刺し損ねます。命令者からは暗殺失敗を咎められますが、政府との取引に面白味がなくなればいつでも七武海を脱退すると全く意に介しませんでした。

パンクハザード編では、シーザーたちを援護するためベビー5とバッファローを向かわせ、自らもパンクハザードに向かいます。その道中、ローから、シーザーの引き渡しと引き換えに七武海脱退を要求され激昂します。パンクハザードに上陸すると、スモーカーと海軍G-5を口封じに始末しようとしますが、突如現れたクザンに阻止されます。

ドレスローザ編では、CP-0を動かし、七武海脱退とドレスローザの王位放棄の虚偽報道を流してロー達を欺き、グリーンビットに現れ海軍大将藤虎と共闘しローを追い詰めます。一騎打ちの末、ローを瀕死に追いやり王宮へ連れ去りました。

ウソップの活躍により、シュガーによるオモチャの支配が崩壊すると「鳥カゴ」を発動させドレスローザを囲み、国内にいる全ての者を閉じ込めます。そして、ルフィやリク王など敵対する12人に懸賞金をかけ、自分か賞金首の命をかけたサバイバルゲームを仕掛けます。その後、再び王宮まで辿り着いたルフィ・ローと対峙し交戦、ベラミーを操りルフィに差し向け、ローの右腕を切断してトレーボルと共に追い詰めるもローの奇策により深手を負い、ベラミーを退けたルフィと相対します。

ルフィの新たな力「ギア4」で大ダメージを負いますが、それでも倒れず「ギア4」の効果が切れたルフィを守るために現れた戦士達を返り討ちにし、更には「鳥カゴ」の収縮を早めドレスローザ国民を追い詰めていきます。ルフィ復活の時間稼ぎと自身のケジメのために対峙したヴィオラを軽くあしらい、駆けつけたレベッカを操りヴィオラを斬らせようとするも、復活を果たしたルフィによって阻まれます。熾烈を極まる激闘の末、覚醒した能力で後一歩までルフィを追い詰めますが、再び発動した「ギア4・大猿王銃」の一撃によりドレスローザの地下まで叩き落とされ敗北し、ファミリー共々海軍に拘束されます。

インペルダウンへの護送中、つると今後の海賊の世界について語り合い、自身の手綱が離れたことで海賊の歴史上最大の「覇権争い」が起きると宣言しました。その後、インペルダウンLEVEL6に収監されています。

   

【戦闘力とこれから】

ドフラミンゴは現在、インペルダウンのレベル6に幽閉されており、レヴェリーの現状描写の際にしばしば出てきますが、ルフィ達がワノ国を出国した辺りで外に出てくると思っています。それも脱走という形で。

誰かの手引きか、自力で脱獄するのか、個人的には"捕まったであろうサボ"と脱獄するのではないかと思います。(956話推奨)

恐らくワノ国編第四幕があるのならばその幕間で脱獄の準備、ワノ国編後に脱獄開始といった流れかと思います。

ドフラミンゴの戦闘力は、一言で言ってしまえば"四皇幹部レベル"は余裕であると思います。

ルフィ、ローと闘った時を見れば分かりますが、スタミナ、悪魔の実の練度が化け物染みています。

更には覇王色と武装色も持っているため、これらを融合させれば四皇以外、海軍大将辺りでも簡単に負けはしないでしょう。

どのくらいの強さであるかを細かく考えると、ビッグマム海賊団の将星で言うとクラッカーより若干強いがカタクリ以下、百獣海賊団で言うとジャック以上、クイーンにギリッギリ劣るくらいかと思っています。

カタクリとキングには勝てないかなと思いますが、この二人も完全に無傷で勝てるかと言われれば分かりません。かなり強いクラスに入りますね。

このドフラミンゴと伸びしろも含めて互角以上と考えられるサボが二人いればマゼランも倒せてしまうのではないでしょうか。

特にドフラミンゴは、能力が覚醒しているため遠距離攻撃と四方八方から攻撃出来る技を多数持っています。マゼランが毒竜を出したとしても不意打ちは免れないと思います。そこで怯んだ所をサボの一撃が飛んでくるといった戦闘になるかなと思います。

出典:ONEPIECE 尾田栄一郎

出典:ONEPIECE 尾田栄一郎

   

周りに壁などがあればなお良く、それを盾にマゼランの攻撃を防ぐことも充分可能になる筈ですし、隙を見つけて捕まえることだってできるでしょう。

出典:ONEPIECE 尾田栄一郎

出典:ONEPIECE 尾田栄一郎

シリュウがいれば話は変わりますが、流石のマゼランも一人でこの二人を相手にするのは困難でしょう。

また話が戻りますが、ワノ国を出国したルフィが新聞を見てサボの危機を知り、インペルダウンに乗り込んでくるといった可能性も無くはありません。その時にサボだけでなくドフラミンゴも一緒に脱獄する可能性も無きにしも非ず…?

2年前のクロコダイルみたいにね。ピーカ辺りの幹部も一緒に出て来るやもしれません。

やっぱり前に敵同士だった者が共闘する展開は熱いと思うので、ルフィとドフラミンゴの共闘も見てみたいです。

   

【懸賞金予想】

ドフラミンゴは強さだけでなく、元天竜人でマリージョアの宝を知っているという政府からすれば最も生かしておいてはならない存在でもあります。

それだけでなく、裏の闇社会のブローカーだったという点も含めると10億は超えると思います。

個人的には以下くらいかなと思います。

懸賞金は10億850万ベリーです!!。

ドレスローザ以外の国も支配していたり、直接暴れて危害を加えていればもっと高くなるかと思いますが、被害がある国は戦争国となっており、ほとんどが武器関係ですので実害を与えるよりは低いかなと思っています。

今回はここまでです!

閲覧ありがとうございました!!